シミができる原因は何なのでしょうか。 シミにも種類がありますから、その種類によっても原因は異なります。 一般的にシミと言われてほとんどの方が思い浮かべるのは、老人性色素斑と呼ばれるシミで、30代以降の人に見られるのが特徴です。 老人性色素斑の原因は紫外線で、特に若い頃の日焼けなどが原因だと言われています。 このため、日光性色素斑と呼ばれることもあるのです。 若い世代に見られ、年齢と共に改善することが多いソバカスもシミの一種ですが、このソバカスは紫外線の他に、遺伝も原因になります。 これに対して、ニキビ跡などに色素が沈着してしまってシミになったものを炎症後色素沈着と言い、その原因はニキビなどの炎症です。 また、近年知られるようになった、30代以降の女性に見られる肝斑というシミは、はっきりした原因はまだよくわかっていませんが、女性ホルモンやストレスが原因ではないかと考えられています。 このように、シミといってもその種類によって原因は様々なのです。